公演情報詳細

背中から四十分~道北・オロロン街道編~札幌演劇シーズン2022-冬 サテライトプログラム

上演日程 2022年01月07日~2022年01月12日
作 者 畑澤聖悟
会 場 シアターZOO
住 所 札幌市中央区南11条西1丁目3-17 ファミール中島公園B1F
主 催 北海道演劇財団・NPO法人札幌座くらぶ
後 援 札幌市、札幌市教育委員会
助 成 文化庁 文化芸術振興費補助金(劇場・音楽堂等機能強化推進事業)|独立行政法人日本芸術文化振興会
公益財団法人北海道文化財団 舞台公演再開支援事業
協 力 札幌演劇シーズン実行委員会・天神山アートスタジオ
企画制作 北海道演劇財団

フライヤーを見る   チケットに関して


このお芝居について

青森で渡辺源四郎商店を主宰する劇作家
畑澤聖悟を札幌に招き
2019年に札幌でも上演した「背中から四十分」を
舞台を北海道の道北・オロロン街道編に書き換えて
オール札幌キャストでリメイクし
新春上演します。
札幌演劇シーズン2022-冬、サテライトプログラムです。
【あらすじ】
道北の日本海側、オロロン街道と呼ばれる海岸線の国道沿いにある温泉地。海沿いの崖に建つ8階建てホテルの最上階。フロント係に案内されて一人の中年男、相本が客室に入ってくる。相本は真夜中にもかかわらず半ば強引にマッサージ師を呼びつけた。現れた女性マッサージ師・せつこは、どうも何かがおかしい。二人っきりの部屋で、シングル40分のマッサージサービスが始まった…。

演出家からのメッセージ

「背中から四十分」は私の劇団「渡辺源四郎商店」が札幌座の斎藤歩氏を客演に迎えて、2019年に東京、青森、札幌で上演した芝居である。今度は北海道演劇財団の手により、私が演出に呼ばれる形で再演の運びとなった。ありがたいことである。
 せっかくなので、北海道が舞台の芝居に書き換えたい。「オロロン街道沿いがいいんじゃない?」と提案したのは斎藤氏である。これはいい。「道北オロロン街道編」である。ニシンもヤン衆も石狩挽歌も出てきませんが、北の大地に日本海の荒波がぶつかる場末の温泉宿で、「死」と「癒し」を巡る物語を紡いでみたいと思う。お楽しみいただければ幸いである。
畑澤聖悟


キャスト

斎藤歩(札幌座)
上總真奈(イレブンナイン)
磯貝圭子(札幌座)
熊木志保(札幌座)

スタッフ

舞台美術デザイン:高田久男(セットアップ)
舞台監督:高橋詳幸(アクトコール)
舞台製作:アクトコール
照明デザイン:熊倉英記
音響:奥山菜々(pylon inc)
衣裳:常本亜実(札幌座)
宣伝美術:若林瑞沙(Studio COPAIN)
プロデューサー:木村典子(札幌座)
制作協力:ダブルス

チケットに関して

チケット料金 一般:3,500円
学生:1,800円
高校生以下:1,000円
※未就学児入場不可・学生の方は当日学生証提示
公演日程表 2022年
1月7日(金) 19:00
1月8日(土) 14:00/18:00
1月9日(日) 14:00
1月10日(月・祝) 14:00
1月11日(火) 19:00
1月12日(水) 14:00
(開場は30分前)
チケットの取り扱い エヌチケ(https://ticket.aserv.jp/nt/)
ローソンチケット(Lコード:11815)
チケットぴあ(Pコード:509-197)
北海道演劇財団(☎011-520-0710 平日10:00-18:00)

公園等のご案内へ戻る


ホーム > 公演のご案内 > 背中から四十分~道北・オロロン街道編