座 員

すがの公

すがの公

生(年)月日 1974年6月4日
出身地 北海道中頓別生まれ、旭川育ち、札幌在住
身 長 171センチメートル
血液型 O型
特 技 美術、立ち飲み屋経営
札幌ハムプロジェクト:hampro.jp
やきとん立ち呑み屋すわ:suwasuwa.seesaa.net

略 歴

札幌座ディレクター。
札幌ハムプロジェクト劇作・演出・制作・役者。北海学園大学演劇研究会に所属し演劇と出会う。二年目から脚本を担当。劇団イナダ組に所属。卒業後劇団SKグループ旗揚げ、年に7、8本のペースで台本を制作。イナダ組退団後、札幌ハムプロジェクトを立ち上げワゴン一台で各地を巡演するなど実験的な活動を劇団と平行して展開する。 演劇カンパニー”東京の人”を運営し、東京の109人の演劇人と芝居づくりを行う。テレビ・ラジオドラマシナリオも手掛ける。チーフディレクター斎藤歩に誘われ、札幌座ディレクターとなる。現在は劇団SKグループを休止、主催団体は札幌ハムプロジェクトであり、東京にも拠点とメンバーを配置し活動を広げている。貧乏クリエーターの集まるやきとん立ち呑み屋すわオーナー。


出演歴

札幌座(TPS)

2010年 シアターZOO企画・TPS第30回公演 サンピアザ劇場企画公演・プレミアムステージ『ペールギュント』
2011年 TPSレパートリーシアター『アンダンテ・カンタービレ』~歩く速さで歌うように~
2012年 札幌演劇シーズン2012-冬『亀、もしくは…。』
2014年 『亀、もしくは…。』韓国公演
2015年 札幌演劇シーズン2015-冬札幌座第44回公演『デイヴィッド・コパフィールド』
2016年 札幌演劇シーズン2016-冬参加 札幌座第49回公演『亀、もしくは…。』
2017年 『亀、もしくは…。』サハリン公演

主催劇団作品

2006年『再演A。』(脚本・演出・出演/劇団SKグループ)
2009年『アイドゥーアイドゥー』(脚本・演出・出演/劇団SKグループ)
2009年『カラクリヌード』( 脚本・演出・ 出演/札幌ハムプロジェクト)
2012年『戦うゾウの死ぬとき』( 脚本・演出・ 出演/札幌ハムプロジェクト)

客 演

2005年『ROMAN』(客演/劇団AND)
2006年『Real Life スキカモサッポロ』(出演/motto9)
2010年『鍋のナカ』(客演/Meets!2009)
2010年『ペールギュント』(客演/TPS)
2011年『アンダンテ・カンタービレ』(客演/TPS)
2012年『亀、もしくは・・・。』(客演/TPS)

TV、ラジオ、CM出演

2006年『マグマドライバー』PV(出演/雷鼓)
2009年『俺の育児日誌』(出演/HTBスバセカ劇場)
2009年『あの唄がはなれない』(脚本・出演/Air-Gラジオドラマ)

作・演出・作品

札幌座作品

2013年 札幌劇場祭札幌座第40回公演『ロッスム万能ロボット会社』
2015年 日本の演劇人を育てるプロジェクト新進演劇人育成公演-俳優部門-『芝居』

主催劇団作品

2009年『アイドゥーアイドゥー』(脚本・演出・出演/劇団SKグループ第29.5回公演)
2009年『カラクリヌード?わたしは、わたしを改造スル?』(脚本・演出・出演/東京の人第01回公演)
2011年『ジャマコ、せかいをすくう。』(脚本・演出/北海道まちめぐり公演2011)
2012年『戦うゾウの死ぬとき』(脚本・演出・出演/第四回◯◯の人東京大会、第五回◯◯の人東京・札幌大会)

外部作品

2003年 『アメリカ』(脚本・演出/劇団ハムチョップ)
2004年『ピーコックstyle』(脚本/劇団イナダ組ロードツアー2004)
2009年『風受けて』(脚本/とままえ町民劇公演)
2009年『ミキと魔法のじゅもん』(脚本/小学校劇)
2011年『魁!朝日中学校』(脚本/第65回朝日中学校学校祭・全校演劇)
2011年『旗ヲ出スベカラズ』(脚本/琴似市民劇・温故知新音楽劇)
2012年『シャッポおじさんの写真館』(脚本/琴似市民劇・温故知新音楽劇)
2013年『桑の実の色づく頃には』(脚本/琴似市民劇・温故知新音楽劇)

テレビ・ラジオ

2007年『幸せのアリオおばさん』(脚本/Air-Gラジオドラマ)
2007年『僕とコーラと小さなサンタ』(脚本/Air-Gラジオドラマ)
2009年『あの唄がはなれない』(脚本・出演/Air-Gラジオドラマ)
2009年『男たるもの』 (脚本/HTBテレビドラマ スバセカ劇場)


座員一覧へ戻る


ホーム > すがの公